0年 0月 の投稿一覧

具体的な格安sim line id検索 違い

sim02

格安SIMを使うとLINEのID検索が使えなくなる!そんな時はLINEの自分 …
2015年4月7日 … 僕が格安SIMを使い始めてから2年近くが経ちますが、もうキャリアとの契約に戻ること
は無いと断言できるほど惚れ込んでいます。ただ、欠点が何も無いかというとそんなこと
はなくて、使う人によってはデメリットも存在します。 その部分を理解し …(続きを読む)

MVNOの格安SIMでLINEの年齢認証はできるのか? – 格安スマホ学園
MVNOの格安SIMでは「年齢認証」がクリアできないため、「ID検索」ができないのです
が、まずはこの「ID検索」の代わりに使えそうな代替案をご紹介し …(続きを読む)

格安SIMでLINEを使うために!知っておきたい7つの注意点や対処法 …
2016年3月1日 … 格安SIMにすればスマホ代安くなるって聞いたけど、LINEってそのまま使えるのかな・・・
?」 … ここではLINEを利用する方のSIM選びやアカウントの登録・引継ぎ方、そしてID
検索ができないときの対処法や注意点を7つご紹介します。機種変前 …(続きを読む)

格安SIMでLINEの年齢認証は出来ないの?解決方法は? – 格安SIM …
PC版のLINEでは、ID検索を使えます。WindowsでもMacでもPC専用アプリを
ダウンロード、ログイン後検索が可能となります。(続きを読む)

実はスマートフォンに格安SIMを端末にセットしただ

sim02

実は、スマートフォンに格安SIMを端末にセットしただけでは、ネットワークに接続できません。理由はスマホで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。
安くデータ通信ができる「格安SIM」。

1000円前後の月額というものもある格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、ウェブサイトの閲覧、メールチェック程度は問題ありません。通常のスマホや外でも接続できるタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、SIMロックフリーのものがある。ドコモ、au、ソフトバンクなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、SIMを他社のものが使えないSIMロックがかけられています。けれども、SIMロックがかかっていても、NTTdocomoの場合は、ドコモ回線を使っている会社の格安SIMのサービスを利用することができます。

仮に格安SIMを使うことができれば、月々の通信費を抑えることができます。

au等ですと6000円以上かかる料金が、仮想移動体通信事業者だと月に1000円程度という費用になることも。

一回は、見直しを考えてみても悪くないのではないでしょうか。

現在、格安SIM・格安スマホを提供するだいたいの仮想移動体通信事業者は、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。

したがって、スペック上のデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、どこも同じような感じになっています。

けれども、通信速度チェックを実際に行ってみると会社によって違うことが分かります。

一例を挙げるとランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。

いろいろな仮想移動体通信業者もドコモのネットワークを使用しているはずですが、この差はどうして生まれてしまうのでしょうか。

その理由として通信速度は、回線の帯域である太さと通信設備に大きく影響されることがあるためです。

「帯域の太さ」と「通信の設備」は仮想移動体通信事業者によって違うんです。そもそもSIMとは、docomoでは、UIMカードKDDI(au)ではauICカード、Softbank MobileではUSIMカードという名称のICカードのことを指しています。

スマホ、タブレットに、ドコモなどのものではなく、格安SIM事業者のSIMカードを使うと、安い料金で使えることがあるため、かなり注目されているわけです。

たいてい、回線帯域がしっかりしていれば、アクセスが増えたとしても、通信速度は低下せず、しっかりとした設備であれば、データを安定して処理できるので利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。

以上のことから会社を選ぶ際は、値段だけでなく安定したサービスを提供出来るMVNOを選択した方が良いことが分かります。最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。安いサービスはちょっと心配という方や、これのみで使っていくために安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、大手キャリアが提供している格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。

iPhoneで格安SIMは使えるのでしょうか。

NTTドコモの回線を借りている会社であれば、docomoのiPhoneがそのまま使えます。

しかし、softbankやauのものはそのままでは使えません。その場合は、SIMロックがかかっていないiPhoneを買ってくるか、できればSIMロック解除をする、または、下駄を使うことになります。

神の格安simカード ipad エディオン

sim02

新しいiPad Proと“使い放題”の格安SIM、動画配信でどこまで使える?
今回久しぶりにiPadを買った理由は、新製品発表会でアップルのティム・クックCEOが繰り返しアピールしていた「ノートPCの置き換え」に新しいiPad Proがなり得るのか試してみたかったことが1つと、もう1つには格安SIMカードと一緒に使ってモバイル環境でオーディオ・ (続きを読む)

9.7型iPad Pro内蔵の「Apple SIM」を香港&中国で試してみた!
Apple SIMとはその名の通り、iPhoneやiPadでおなじみのアップルが開発したSIMカードによる通信サービスだ。一般のSIMカードはサービスを提供する通信事業者に紐づけられた形で販売されるものだが、Apple SIMは端末にカードをセットしたのちに、ユーザーが通信事業者や (続きを読む)

【週刊!まとめ読み】ソニーが決算下方修正/UPQの折りたたみ電動バイク
ソニーは21日、2015年度連結業績見通しの下方修正を発表。デバイス分野カメラモジュール事業について長期性資産の評価で、将来的なキャッシュフローの不足懸念から、596億円の減損処理をするというもの。発表によると、通期の連結業績では営業利益2900億円、純 (続きを読む)

格安SIMは女性に浸透するか?実店舗やイベントの意義
新規参入や既存事業者のサービス拡充が相次ぎ、年々市場規模が拡大しているMVNO(仮想移動体通信事業者)サービス。格安SIM、格安スマホといった言葉が広く聞かれるようになり、その認知度もかなり高くなってきている。しかし、実際にMVNOサービスを利用しているの (続きを読む)

SIMフリーのiPadを格安SIMで使いたい!どう使えばいいの?
「SIMフリー」のipadは通常キャリア会社によって他社のSIMカードが認識されないよう
SIMロックがかけられている端末と違い、格安SIM含むどの会社のSIMカードでも使える
ことになります。 通常docomoなどで購入したipadはSIMフリーではありません。(続きを読む)

SIMフリー版iPadを格安SIMで運用!おすすめMVNO3選 | SIMチェンジ
2015年6月21日 … 人気のiPhoneとiPadのSIMフリー版が出されたことで、格安SIMの可能性はますます
広がっています。iPadにSIMを入れて、ガラホとの二台持ちやスマホとの二台持ちをする
人も増えているはず!iPadのSIMフリーを活用できる3つのMVNOを …(続きを読む)

ASCII.jp:この夏iPadデビューする人へ、格安SIMと組み合わせよう (1/3)
2014年8月12日 … 格安SIMの主要サービス一覧も掲載! … 現在販売されているiPadには、Wi-Fiモデルと
セルラーモデル(Wi-Fi + Cellular)の2種類がある。LTEや3Gで通信が … セルラー版の
iPadにはSIMカードを収納するためのスロットが用意されている。(続きを読む)

iPad Air 2 Wi-Fi+Cellular 128GB SIMフリーの格安SIMカード一覧
iPad Air 2 Wi-Fi+Cellular 128GB SIMフリーの格安SIMカードをお探しなら、価格.com
をチェック!人気ランキング、価格、データの通信量、速度などの条件でSIMカードを
比較・検討できます。格安SIMカードで月々のスマホ代を節約しましょう!(続きを読む)

最近は大手キャリア自身が提供する

sim02

最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。

格安SIM初心者の方や、メインで使っていけるしっかりとしたサービスがある格安SIMを探している人は、NTTdocomoやauから出ているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。低価格のSIMを使うことができれば、月々の通信費を抑えることができます。

大手キャリアだと月に7000円以上もかかってきますが、MVNOだと月々数百円なんていう料金になることが。

いったん、確認してみても悪くないのではないでしょうか。

SIMカードとは、ドコモではUIMカード、au(KDDI)では「au ICカード」、ソフトバンクでは「USIMカード」と言われている小さいICカード(SIMカード)のことです。携帯端末に、大手キャリアのものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、より安い料金で使えることが多いため、最近注目されるようになっています。iPhoneでも使うことが出来るのでしょうか。ドコモの回線を使用している業者であればそのままドコモのiPhoneが使えちゃいます。でも、iPhoneであってもauとソフトバンクのものはそのまま利用することはできません。

その場合は、SIMフリーのiPhoneを購入するか、SIMロック解除をなんとかする、下駄などと呼ばれるアダプターを使うことになります。データ通信が安くできる格安SIM。月額1

000円前後の格安SIMでは、通常、3GB程度の通信が可能です。
LTE側の通信を使いきると制限がされることがありますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などが利用できます。今、格安SIMを販売しているたくさんある仮想移動体通信事業者いわゆるMVNOは、NTTdocomoの回線ネットワークを借りています。そのため、カタログスペック上のデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、どのMVNOも大差はない状態です。
しかし、実際の通信速度を調べてみるとMVNOによって大きく異なるんです。例をあげると、昼休みの時間帯に通信速度を測ると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。

どの事業者も同じドコモの回線を使用しているはずなのに、この差はどうして生まれてしまうのでしょうか。

なぜかというと通信の速度は、データ回線の太さと「通信設備」に影響されることがあります。

この「回線帯域の太さ」と「設備の品質」とは仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。実際にはスマホにSIMカードをいれただけでは、使うことはできないのです。

これは、スマートフォンで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、格安SIMの場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。
通常、帯域がしっかりしていればアクセスが増えたとしても、速度が低下しにくく、ネットワーク設備がキチンとしていれば、通信データを安定して供給できるので、混雑時でもユーザーがストレスを感じにくい、と言われています。

このような状況からMVNOを選ぶ場合は、料金だけでなく安定したサービスを提供出来るMVNOを選択した方が良いことが分かります。
通常のスマホやネットワーク接続できるタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、ロックされていないSIMロックフリー版がある。

docomo、KDDI、Softbankなどのキャリアが販売しているスマホやタブレットは、他の会社のSIMは使えないSIMロックがかけられています。
しかしながら、SIMロック端末であったとしても、ドコモのスマートフォンやタブレットであれば、ドコモの回線を借りている事業者のSIMを利用することができます。

今格安SIMを販売しているほとんどの事

sim02

今、格安SIMを販売しているほとんどの事業者(MVNO)は、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。そのため、仕様としての通信の速度は最大150Mbpsなど、どの仮想移動体通信事業者でも大きな差はありません。けれども、通信速度チェックを実際に行ってみるとMVNOによって大きく異なるんです。

例をあげると、アクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。
多くのサービス提供元も同じドコモの回線を使用しているはずなのに、この通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。

そのわけは、データ通信の速さは、データ回線の太さと「通信設備」に影響されることがあります。

「帯域の太さ」と「設備」とは仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。今あるスマホにSIMをセットしただけではインターネット接続できないのです。理由はスマホでインターネットにつながるための設定がされていないためです。大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。
昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。

格安SIMがよくわからない人や、ベースとして使って行ける実績のある安定したサービスの格安SIMを求めている人は、こうした大手通信会社が手がける格安SIMを選択するというのもありですね。あなたが格安SIMに切り替えれば、携帯代の削減ができます。docomo等だと月額6000円以上もかかる通信費ですが、格安SIMだと1000円未満なんていう料金になることが。ここはひとつ、見直しを考えてみてもいいかもしれませんね。格安SIMをiPhoneで使いたい人がいると思います。NTTドコモの回線を借りている会社であれば、そのままドコモのiPhoneが使えちゃいます。

auやソフトバンクのiPhoneはそのままでは使えません。そんな時は、SIMフリーのiPhoneを購入するか、できればSIMロック解除をする、アダプター(下駄)を使うことになります。
SIMとは何かというとNTTdocomoでは、UIMカードKDDIでは、auICカード、softbankではUSIMカードという名前のIC型のカードのことです。スマホ、タブレットに、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、格安SIM事業者のSIMカードを使うと、より安い料金で使えることが多いため、最近注目されるようになっています。

普通は、データ回線がふとければユーザーやアクセスが増加しても、ネットワークの速度低下は発生せず、通信設備にちゃんと投資をしていれば、データを安定して処理できるので利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。
よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、料金だけでなく基盤がしっかりとした事業者を選択する必要があることが分かります。
通常のスマホやSIMが搭載できるタイプのタブレットにはSIMロックされているものと、施されていない「SIMフリー(SIMロックフリー)」のものがある。現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの大手キャリアから売られているスマホ類は、他の会社のSIMは使えないSIMにロックがかかっているのです。けれども、SIMロックがかかっていても、docomoの端末の場合は、ドコモから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIMのSIMカードをそのまま利用することができます。安価にデータ通信ができる格安SIM。

1000円前後の月額というものもある格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。

LTE側の通信を使いきると制限がされることがありますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。

読むべき格安sim vita cメール

sim02

PS Vitaを外でも遊ぼう!格安SIMカードで料金節約!
PS Vitaの通信料金はこんなに安くなる!格安SIMで料金節約.(続きを読む)

月980円のLTE SIMはPlayStation Vitaと相性バッチリだった – 週刊 …
2013年5月25日 … 月980円のLTE SIMはPlayStation Vitaと相性バッチリだった … 『OCN モバイル
エントリー d LTE 980』では3種類のSIMサイズが提供されていますが、Vitaで使う場合
は“標準(ミニ)SIM”を … 月980円でLTEを使える格安SIMがOCNから登場 …(続きを読む)

PS Vitaと格安SIM | 今日もまたブログ
2015年10月25日 … … 販売されていない。 PlayStation Vita (プレイステーション ヴィータ) 3G/Wi-Fiモデル
クリスタル・ブラック 限定 … 格安SIMを利用する場合注意する点は標準SIMという点。 …
PlayStation Vita Wi-Fiモデル ブラック (PCH-2000ZA11). でもWifi …(続きを読む)

SIM通 PS VITAでオンラインゲーム楽しむなら格安SIMが最適!!【SIM …
2014年1月22日 … 最近ではSIMが挿せるPCまで出現し、格安SIMを利用するシーンは広がりをみせてい
ます。他にもSIMが挿せる … そう、ソニー・コンピュータエンタテイメント(SCE)より発売
されているPlayStation Vita(プレイステーション・ヴィータ)です!!(続きを読む)

知らないと損をする格安simカード 無制限 デメリット

sim02

通信量が多い人におすすめの格安SIMは? 特徴を比較・解説
容量無制限で使えるので、毎月のデータ通信量が多い人にとって魅力的な選択肢になるでしょう。また、日本通信の使い放題プラン「b-mobile SIM 高速定額 音声付」も月額3002円で利用できます。 ただし、使い放題プランは使用する環境や時間帯によって混雑が生じる場合が (続きを読む)

U-mobile、ユーザーへのサポートを強化「MNPセンター」拡大。4月中に150か所以上で展開さらに出張設定サポート「モバイル簡単セットアップサービス」を開始
株式会社U-NEXT(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:宇野 康秀、以下「当社」)は、当社が提供するモバイル通信サービス「U-mobile」(以下「U-mobile」:http://umobile.jp)の音声プランへのMNP(Mobile Number Portability:携帯電話番号ポータビリティ)転入手続きの (続きを読む)

なかなか格安SIMにMNP(乗り換え)できない人のための5ステップ
格安SIMには通信無制限プランや1日の通信量でプランを決められるDayプランもあります。さらには使った分だけを支払う格安の従量制プランもあるので自分の使い方にあったプランを決めることができます。最安を目指す場合には高速通信ではなく低速通信プランを選ぶことも (続きを読む)

データ移行やLINE設定も店頭で――ピーシーデポ、MVNOサービス「JUST PRICE FON」を提供
格安SIM/スマホ初心者に配慮して、開通や端末の設定、アドレス帳の移行、LINEの設定、50GBまでの写真やアドレス帳を自動でバックアップする専用クラウドサービス、セキュリティ対策(Androidのみ)、トラブル復旧サービス、遠隔ロック、簡単な操作説明――などをまとめた「プレミアムスマートサポート」も提供する(続きを読む)

速度制限なしで使い放題の格安SIMカードを比較 | SIM-FAN
速度制限なしで使い放題の格安SIMカードを比較. 多くのSIMではデータ通信量に上限
が定められており、その上限を超えて使用してしまうと速度制限がかかってしまう。
しかし少数ながら無制限に使えるSIMがあるので、このページで紹介したい。
スマートフォン …(続きを読む)

無制限に高速通信(LTE)が使える格安SIMの比較とおすすめランキング
2015年11月30日 … 格安SIMとスマホの比較サイト > データ専用の格安SIMカードの容量別の比較 >
無制限に高速通信(LTE)が使えるデータ専用の格安SIM … 無制限に高速通信(LTE)が
使えるデータ専用の格安SIMは主に動画と音楽の視聴用の格安SIMです。(続きを読む)

格安 SIMカード比較 高速データ通信容量無制限のおすすめ格安 SIM
2016年3月4日 … 高速データ通信量が定額無制限で使い放題の格安SIMを集めて紹介している。各
MVNOによってLTE無制限はユーザーを詰め込んだり、速度を予め遅くするなどで実現
する為、実際の使い勝手が良くないMVNOをある。おすすめのLTE使い …(続きを読む)

無制限の格安SIMは動画を見る人に最適?SIMの選び方! | SIMチェンジ
2015年5月12日 … … しました。無制限に使える格安SIMを選択肢として考えた時、どのMVNOを選べば
いいか友人Mを例にして考えていきましょう。 … 動画視聴に適したものを考えると、
選択肢は次の3つの無制限格安SIMに絞られてきました。 MVNO候補 ….. Copyright©
格安SIMカードの比較で、快適スマホ生活 SIMチェンジ All Rights Reserved.(続きを読む)

今ならDOCOMOやKDDIなど

sim02

今なら、docomoやKDDIなども格安SIMの提供を開始しています。安いサービスはちょっと心配という方や、ベースとして使って行けるしっかりとしたサービスがある格安SIMを探している人は、ドコモやauが提供しているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。

実は、スマートフォンにSIMカードをいれただけでは、使うことはできないのです。これは、スマートフォンでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

キャリアから購入したスマホやタブレットには「SIMロック」が施されているものと、ロックされていないSIMロックフリー版がある。
現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、他のキャリアのSIMカードを使えないロック(SIM)がかかっています。けれども、SIMロックがかかっていても、NTTdocomoの場合は、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)の格安SIMを利用することができます。格安SIMが使えれば、携帯電話料金を安くできます。
大手キャリアだと月に7000円以上もかかってきますが、格安SIMだと月々数百円という費用になることも。

とりあえず、検討してみてもいいのではないでしょうか。
低価格でデータ通信できる格安SIM。
1000円前後の月額というものもある格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、制限されても、動画などの重い処理をのぞけば、インターネットやメールは問題なくできます。
SIMとは、ドコモではUIMカード、KDDIでは、auICカード、Softbank MobileではUSIMカードという名前の小型のICカード「SIMカード」のことです。
携帯電話に、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、通信料が安くつけるので、最近注目されるようになっています。iPhoneで格安SIMは使えるのでしょうか。

ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、docomoのiPhoneがそのまま使えます。

けれども、KDDIとソフトバンクのiPhoneはなんと使うことが出来ないのです。

そんな時は、SIMロックフリーのiPhoneを準備するか、SIMロックを解除する、アダプター(下駄)を使うことになります。

普通は、データ回線がふとければ利用者が増加しても、ネットワークの速度低下は発生せず、設備投資がしっかりしていれば、通信データを安定して供給できるので、利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、値段だけでなくきちんとしたサービス品質を提供できるサービスを選定する必要があることが分かります。

現在、格安SIM・格安スマホを提供するおおくのMVNO(仮想移動体通信事業者)は、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。

そのため、サービスのスペックとしての通信の速度は最大150Mbpsなど、どのMVNOも大差はない状態です。しかし、実際の通信速度を調べてみると提供元によって違うことがあることに気づきます。一例を挙げるとランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。

いろんな会社もdocomoの回線を使用しているにも関わらず、この差はどうして生まれてしまうのでしょうか。
なぜかというと通信の速度は、データ回線の太さと通信設備に大きく影響されることがあるためです。

「太い回線帯域」と「設備」とは各社によって違ってくるものです。

信頼と実績の格安sim 乗り換え 電話番号

sim02

ドコモから格安SIMへのMNP(乗り換え):格安SIM比較
2015年10月31日 … ここではドコモから格安SIMへMNP(乗り換え)する方法を説明します。 ざっくりとした
流れ ドコモショップでMNP予約番号をもらう(電話でも可) ↓ 格安SIMを購入する。 必要
な場合は格安スマホも購入する。(スマホユーザは必要ない場合が多い …(続きを読む)

auから格安SIMへのMNP(乗り換え):格安SIM比較サイト
2015年12月21日 … ここではauから格安SIMへMNP(乗り換え)する方法を説明します。 ざっくりとした流れ
auショップでMNP予約番号をもらう(電話でも可) ↓ 格安SIMを購入する。 必要な場合
は格安スマホも購入する。(スマホユーザはほとんどの場合で買う必要 …(続きを読む)

価格.com – MNP可能の格安SIMカード一覧
MNP可能の格安SIMカードをお探しなら、価格.comをチェック!人気ランキング、価格、
データの通信量、速度などの条件でSIMカードを比較・検討できます。格安SIMカードで
月々のスマホ代を節約しましょう!(続きを読む)

格安SIMにMNP移転する【手続き編】 | SIMフリースマホ研究所
【前2回のおさらい】格安SIMに移行する前の準備編 前回、前々回の2回に渡って、格安
SIMへ移行する前の準備段階でやっておくべきことについての解説をしました。 まだ読ん
でおられないという方はこちら↓の2記事をご参考にしてみてください。 格安SIM …(続きを読む)

なかなか格安SIMにMNP(乗り換え)できない人のための5ステップ
もしもドコモ、auで購入したスマホであれば、格安SIMに乗り換えしても使える可能性があります。ドコモのスマホであれば9割は格安SIMでも使えます。auで購入したスマホの場合は5割の物が格安SIMでも利用できます。 ソフトバンクの場合は残念ながら格安SIMでは使えません (続きを読む)

格安SIMへの乗り換えて続きについて
格安SIMへの乗り換えて続きについて. 受付中. 気になる; 0; 件. 質問者:yasumitsuyo; 質問日時:2016/04/09 13:05; 回答数:4件. ドコモから格安SIMに乗り換えます。 手続きですが、まずドコモにMNPの予約手続きを行い、MNP予約番号をもらい、 その後、格安スマホの手続き (続きを読む)

「格安SIM」でドコモのサービスを利用することはできませんか?
現在、NTTドコモのスマートフォンを使っているのですが、通信料金を節約するために「格安SIM」に乗り換えようと検討をしています。しかし、ドコモの「dマガジン」や「dアニメストア」が使えなくなるのは辛いです。格安SIMでも、ドコモのサービスだけを継続して契約することは (続きを読む)

ドコモから楽天モバイルに乗り換えた場合の年間節約金額はいくら?
事務手数料は一般的に3,000円、ドコモの解約金は9,500円、乗り換えに必要な手数料は2,000円が必要です。合計では税込みで15,660円必要になります。はじめに15,660円必要となり、その後は毎月1,728円が毎月必要になるので単純に20,736を足すと36,396円です。(続きを読む)

今あるスマホに格安SIMを端末にセットしただけでは

sim02

今あるスマホに格安SIMを端末にセットしただけでは、使うことはできないのです。これは、スマートフォンで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

格安SIMが使えれば、スマホ料金を安くすることができます。docomo等だと月額6000円以上もかかる通信費ですが、MVNOだと1000円未満なんていう費用に。

ここはひとつ、考えてみてもいいかもしれませんね。

今現在、格安SIM、スマホを販売するほとんどの事業者(MVNO)は、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。

よって、製品スペック上の通信速度は「最大150Mbps」など、どのMVNOも大差はない状態です。しかし、実際の通信速度を調べてみるとMVNOによって大きく異なるんです。例えば、利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。多くのサービス提供元もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、大きな違いで出る理由はどこにあるのでしょうか。

どうしてかというと通信速度は、帯域の太さと通信設備に大きく影響されることがあるためです。「太い回線帯域」と「通信設備」は仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。

格安SIMをiPhoneで使いたい人がいると思います。MVNOでもドコモ回線のところであれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。

しかし、softbankやauのものはなんと使うことが出来ないのです。そのような方は、SIMフリーのiPhoneを購入するか、ロックを解除する、もしくは、難易度は上がりますが、下駄を使うことになります。安くデータ通信ができる「格安SIM」。

例えば、月額1000円以下というものもある格安SIMでは、通常、3GB程度の通信が可能です。

LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、そのような状況でも、動画や重いアプリのダウンロード以外は、ウェブサイトの閲覧、メールチェック程度は問題ありません。

そもそもSIMとは、NTTdocomoでは、UIMカードKDDI(au)ではauICカード、softbankではUSIMカードと呼ばれているICカードのことを指しています。

スマホなどに、ドコモなどのものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、通信料が安くつけるので、話題になっているサービスです。

今なら、docomoやKDDIなども格安SIMの提供を開始しています。
安いサービスはちょっと心配という方や、これだけで使っていけるしっかりとしたサービスがある格安SIMを探している人は、こうした大手通信会社が手がける格安SIMを選ぶことをオススメします。
たいてい、回線帯域がしっかりしていれば、ユーザーが一気に増えたとしても、通信速度は下がることなく、設備にきちんと投資をしていれば、安定したデータ処理ができるので利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。

このようなことから格安SIMベンダーを選ぶ場合は、価格だけでなくきちんとしたサービス品質を提供できる事業者を選択する必要があることが分かります。大手キャリアのスマートフォンやネットワーク接続できるタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、SIMロックフリーのものがある。
NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアから売られているスマホ類は、SIMカードは他社のカードが使えないSIMロックが施されています。ただし、SIMロックが設定されていても、ドコモのスマホ、タブレットであれば、docomoのネットワーク回線を利用しているMVNOの格安SIMのサービスを利用することができます。