0年 0月 の投稿一覧

データ通信が安くできる格安SIM。月額10

sim02

データ通信が安くできる格安SIM。
月額1

000円前後の格安SIMでは、通常、3GB程度の通信が可能です。
LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、制限されても、動画などの重い処理をのぞけば、インターネットやメールは問題なくできます。SIMとは何かというとdocomoでは、UIMカードau(KDDI)では「au ICカード」、softbankではUSIMカードという名称のIC型のカードのことです。

スマホなどに、大手携帯会社のものではなく、格安SIM事業者のSIMカードを使うと、安い料金で使えることがあるため、話題になっているサービスです。格安SIMをiPhoneで使いたい人がいると思います。

ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、docomoのiPhoneがそのまま使えます。auやソフトバンクのiPhoneは実は使えないのです。それでも使いたい場合は、SIMロックが解除されたiPhoneを買うか、ロックを解除する、アダプター(下駄)を使うことになります。
格安SIMや格安スマホを販売している多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)は、ドコモの回線を借り受けたサービス提供の形態です。よって、製品スペック上のデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、どの会社でも大きな差異はない状況です。

しかし、実際の通信速度を調べてみると各社によって違う場合があります。

たとえば、通信速度を昼休みなどのアクセスが多い時間に測ると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。多くのサービス提供元もドコモのネットワークを使用しているはずですが、この通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。その理由として通信速度は、通信回線の帯域の太さと設備のところに影響を受けるということがあります。「回線の帯域の太さ」と「通信設備」はMVNOによって異なっています。

普通は、データ回線がふとければ利用者が増加しても、通信速度は下がることなく、設備にきちんと投資をしていれば、安定したデータ通信を行うことが出来るので、利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。このようなことから格安SIMベンダーを選ぶ場合は、料金だけでなくサービス品質も考慮して事業者を選択する必要があることが分かります。実際にはスマホにSIMをセットしただけではインターネット接続できないのです。それは、端末側でネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMを後から購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

キャリアから購入したスマホやタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、ロックがかかっていないSIMフリーのものがある。

docomo、KDDI、Softbankなどの大手キャリアから売られているスマホ類は、他のキャリアのSIMカードを使えないSIMロックが施されています。でも、SIMロックがかかっていたとしても、ドコモの端末であれば、docomoのネットワーク回線を利用しているMVNOのSIMカードを使うことができます。
NTTドコモ、KDDIなども格安SIMへ参入してきています。よく分からない会社のサービスは不安という方や、メインとして使っていくためにサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、大手キャリアが提供している格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。
仮に格安SIMを使うことができれば、携帯代の削減ができます。docomo等だと6000円以上かかる料金が、格安のSIMを使うと月々数百円という料金プランも。いったん、プランニングしてみても良いと思います。

超簡単!格安sim 一覧 着信

sim02

DMM mobile 「ZTE Blade V6」販売価格変更のお知らせ
Webを通じて様々なコンテンツを提供する株式会社DMM.com(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 松栄立也、http://www.dmm.com/ 以下DMM)が提供するMVNOサービス 「 DMM mobile 」 は、2016年3月24日(木)15:00より新たにZTEジャパン株式会社の (続きを読む)

DMM mobile Androidタブレッド「ASUS ZenPad(TM) 7.0(Z370KL)」販売開始
Webを通じて様々なコンテンツを提供する株式会社DMM.com(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 松栄立也、http://www.dmm.com/ 以下DMM )が提供するMVNOサービス 『 DMM mobile 』 は、本日2016年3月17日(木)15:00より新たにASUS JAPAN株式会社のAndroid (続きを読む)

価格.com – 格安SIMカード比較 – MVNO各社のプラン情報
価格.com限定キャンペーン実施中!MVNO主要23社のプランをチェックできる格安SIM
カード比較。人気ランキング、価格、データの通信量などの条件で比較・検討できます。
毎月のスマホ代やインターネット料金の節約ができる格安SIMを探してみましょう!(続きを読む)

格安SIMカード比較サイト SIM-FAN 【MVNOでスマホ節約!】
MVNOによる格安SIMカードを、料金・通信速度・LTEデータSIM容量・通信量制限・音声
通話の有無など、さまざまな点から比較・評価。人気SIMカードのおすすめポイントや
評判も紹介。月1000円以下でスマホを利用できる時代に!(続きを読む)

【2016年版】格安SIM(格安データ通信SIM)主要10社の比較 – Naverまとめ
2016年3月12日 … 【2016年版】格安SIM主要10社の比較/SIMフリーのスマホやタブレットで使える人気
格安SIM(MVNO)を紹介。それぞれ料金、サービス、特典、オススメポイ…(続きを読む)

格安SIMカード13社をとことん比較
2016年1月3日 … 格安SIMを使えば、スマホの月額料金を半額以下にできるのですが、自分に合った
プランを選ぶのって結構めんどう…。そこで、ものぐさのみなさまに代わって、主要
MVNO13社を比較してみました。(続きを読む)

そもそもSIMとはNTTDOCOMOでは

sim02

そもそもSIMとは、NTTdocomoでは、UIMカードKDDI(au)ではauICカード、Softbank MobileではUSIMカードという名前の小さいICカード(SIMカード)のことです。

携帯端末に、ドコモなどのものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、より安い料金で使えることが多いため、最近よく話題に挙がるようになりました。 キャリアから購入したスマホやネットワーク接続できるタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。

現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMロックというものが設定されています。

しかし端末にSIMロックがかかっていても、docomoの端末の場合は、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)の格安SIMのSIMカードをそのまま利用することができます。最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。
よく分からない会社のサービスは不安という方や、メインで使っていける実績のある安定したサービスの格安SIMを求めている人は、ドコモやauが提供しているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。
低価格でデータ通信できる格安SIM。

例えば、月額1000円以下というものもある格安SIMでは、通常、3GB程度の通信が可能です。

高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。たいてい、回線帯域がしっかりしていれば、一気にアクセスが増加しても、通信速度は下がることなく、設備にきちんと投資をしていれば、安定したデータ処理ができるので利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。このような状況からMVNOを選ぶ場合は、安ければ良いということではなく安定したサービスを提供出来るサービスを選定する必要があることが分かります。今あるスマホに格安SIMを端末にセットしただけでは、ネットワークに接続できません。

理由はスマホで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMを後から購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

今、格安SIMを販売しているおおくのMVNO(仮想移動体通信事業者)は、NTTdocomoの回線ネットワークを借りています。
そのため、サービスのスペックとしてのデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、何処でも大きな違いはない状態です。

しかし、実際の通信速度を調べてみると仮想移動体通信事業者によって違っています。
例をあげると、アクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、ダウンロードの速度差として、1Mbpsから19Mbps前後までばらつきがあることも。いろいろな仮想移動体通信業者も同一のドコモ回線を使っているのにこの差はどうして生まれてしまうのでしょうか。その理由として通信速度は、「回線帯域の太さ」と設備の品質に影響を受けたりするためです。

「データ回線帯域の太さ」と「通信設備」は各社によって違ってくるものです。iPhoneで格安SIMは使えるのでしょうか。
ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、docomoのiPhoneがそのまま使えます。

しかし、softbankやauのものは実は使えないのです。そうなったら、SIMフリー版のiPhoneを調達するか、SIMロック解除をなんとかする、または、下駄を使うことになります。
格安SIMを使うことができた場合、通信費の削減が出来ます。通常だと6000円以上かかる料金が、格安のSIMを使うと月に1000円程度ということも。一回は、見直しを考えてみても良いかもしれません。

厳選格安sim 速い アドレス

sim02

格安SIMサービスを使いたい人からITライターに10の質問!
前提として、“ドコモ契約回線”と“ドコモの電波を使っている格安SIM”は、そもそもインターネットへの経路が異なるので、速度が同じになることはない。概ねドコモ契約回線のほうが速いだろう。筆者の経験では、混雑時の速度低下は、場所よりもその格安SIMのブランド全体に左右 (続きを読む)

1680円で容量無制限! 3月になっても拡充する格安SIMサービス
下り速度は最大3Mbpsと制限されるが、容量無制限で利用できる格安SIMだ。 データ専用、SMSなしで1680円(税込)と、格安SIMとしては少し高価に感じてしまうサービスだが、今まで同等の通信量無制限サービスが他社で約3000円だったのに比べるとずっと安い。 特に容量無制限のありがたさは、動画閲覧など容量を(続きを読む)

9.7インチのiPad Pro Cellularモデル、ワイヤレスに3つの変化
スペック表を見てみると「Apple SIM対応」ではなく「Apple SIM内蔵」と書かれていて、ハンズオンのときに確実な確認をする必要はありますが9.7インチiPad ProではApple SIMしか使えない可能性が高いです。いわゆる格安SIMを使おうと思ってた人には思わぬ誤算かもしれません。 対応するLTEのスペックにも違いが(続きを読む)

大容量バッテリー搭載「ZenFone Max」がMiitomoも快適に遊べてコスパ高し
これが3万円で買えるなら十分じゃん。「ZenFone Max」を使ってみて筆者が抱いた率直な感想です。5000mAhの大容量バッテリー搭載で注目を浴びていますが、ゴリラガラス4を採用し動作も軽快でATOKも標準搭載というコスパ的にもかなり高い仕様。そんなZenFone Maxを (続きを読む)

SIMとはDOCOMOではUIMカードAU(K

sim02

SIMとは、docomoでは、UIMカードau(KDDI)では「au ICカード」、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードという名称の小さいICカード(SIMカード)のことです。スマホ、タブレットに、ドコモなどのものではなく、格安SIMを入れて使うと、通信料が安くつけるので、最近注目されるようになっています。

たいてい、回線帯域がしっかりしていれば、ユーザーが一気に増えたとしても、通信速度は下がることなく、ネットワーク設備がキチンとしていれば、安定したデータ処理ができるのでユーザーが増えた場合においても、速度の低下はあまり発生しません。

このようなことから格安SIMベンダーを選ぶ場合は、料金だけでなくサービス品質も考慮して会社を選ぶ必要があることが分かります。
スマホやネットワーク接続できるタブレットには「SIMロック」が施されているものと、施されていない「SIMフリー(SIMロックフリー)」のものがある。docomo、KDDI、Softbankなどの大手キャリアから売られているスマホ類は、他の会社のSIMは使えないSIMロックというものが設定されています。けれども、SIMロックがかかっていても、ドコモのスマホ、タブレットであれば、ドコモ回線を使っている会社の格安SIMのサービスを利用することができます。

今、格安SIMを販売しているおおくのMVNO(仮想移動体通信事業者)は、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。

そのため、仕様としての通信速度は「最大150Mbps」など、どの会社でも大きな差異はない状況です。でも、実際に速度を比較してみると仮想移動体通信事業者によって違っています。例をあげると、アクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。
いろいろな仮想移動体通信業者もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、通信速度の差はどうしてうまれるのでしょうか。

どうしてかというと通信速度は、データ回線の太さと「通信設備」に影響されることがあります。

「データ回線帯域の太さ」と「設備」とは会社によって異なるものです。
格安SIMのSIMはiPhoneで使えるのか。

ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。

けれども、KDDIとソフトバンクのiPhoneは実は使えないのです。
そのような方は、SIMフリーのiPhoneを購入するか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、下駄などを使って何とか認識させることになります。
実際にはスマホに格安SIMを端末にセットしただけでは、使うことはできないのです。

それは、端末側でネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。
あなたが格安SIMに切り替えれば、通信費の削減が出来ます。

au等ですと7000円から9000円ほどかかる費用が、格安SIMだと1000円未満という費用になることも。一度、プランニングしてみてもいいかもしれませんね。低価格でデータ通信できる格安SIM。

月々1000円のものもある格安SIMでは、2GBから3GB程度のデータ量が使えます。LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、そのような状況でも、動画や重いアプリのダウンロード以外は、インターネットやメールは問題なくできます。昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。格安SIM初心者の方や、これのみで使っていくためにきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、NTTdocomoやauから出ている格安SIMを選択するというのもありですね。

人気な格安sim youtube データ通信のみ

sim02

大容量バッテリー搭載「ZenFone Max」がMiitomoも快適に遊べてコスパ高し
これが3万円で買えるなら十分じゃん。「ZenFone Max」を使ってみて筆者が抱いた率直な感想です。5000mAhの大容量バッテリー搭載で注目を浴びていますが、ゴリラガラス4を採用し動作も軽快でATOKも標準搭載というコスパ的にもかなり高い仕様。そんなZenFone Maxを (続きを読む)

「マイネ王」のフリータンクを有効活用するとすごく節約になる
もしも、スマホで、タブレットであるいはテザリングで動画やファイルのダウンロードをしていて通信量が0になってしまい、低速通信に切り替わってしまった時、高速通信が使いたい、どうしようと悩みます。他の通信会社や格安SIMを使っていたなら低速通信で我慢するか、パケットを (続きを読む)

メタルボディ+指紋センサー搭載で3万円台――高コスパスマホ「HUAWEI GR5」の魅力に迫る
格安SIMで使える、SIMロックフリー端末を数多く手掛けるファーウェイが、フルHD(1920×1080ピクセル)の5.5型ディスプレイや指紋認証センサーを搭載して実売3万4800円(税別)という、高コストパフォーマンスのスマートフォン「HUAWEI GR5」を発売した。 高い質感で見た目も美しいメタルボディに、8コアCPUや高感度な1300万(続きを読む)

格安SIMサービスを使いたい人からITライターに10の質問!
年末年始のスマホ値下げ騒動で、あらためてスマホのコストを意識した人も多いと思う。3大キャリア(MNO)にもいろいろな割引やお得な制度はあるが、シンプルにお得なのはいわゆる「格安SIMサービス」ことMVNOのSIMであることに気づいた人が多いかもしれない。 しかし、キャリアと比べて数分の1という安い維持費の裏(続きを読む)

NTTドコモKDDIなども格安S

sim02

NTTドコモ、KDDIなども格安SIMへ参入してきています。

格安SIM初心者の方や、これだけで使っていけるサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、ドコモやauが提供している格安SIMを選ぶことをオススメします。SIMとは何かというとNTTdocomoでは、UIMカードKDDIでは、auICカード、Softbank MobileではUSIMカードと呼ばれている小さいICカード(SIMカード)のことです。

携帯電話に、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、格安SIMを入れて使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、かなり注目されているわけです。
安価にデータ通信ができる格安SIM。

月の価格が数百円というものもある格安SIMでは、主に月2から3GBのLTEが利用できます。
LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、そのような状況でも、動画や重いアプリのダウンロード以外は、メールの確認やウェブの閲覧等は問題なく出来ます。

通常、帯域がしっかりしていれば一気にアクセスが増加しても、通信速度は下がることなく、しっかりとした設備であれば、安定したデータ処理ができるので利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。
よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、料金だけでなく回線や設備の品質も含めて事業者を選択する必要があることが分かります。今あるスマホに格安SIMを端末にセットしただけでは、ネットワークに接続できません。

これは、スマートフォンでインターネットにつながるための設定がされていないためです。
キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。仮に格安SIMを使うことができれば、スマホ料金を安くすることができます。
通常だと月額6000円以上もかかる通信費ですが、格安のSIMを使うと月額1000円以下という料金プランも。とりあえず、考えてみても悪くないのではないでしょうか。iPhoneで格安SIMは使えるのでしょうか。NTTドコモの回線を借りている会社であれば、そのままドコモのiPhoneが使えちゃいます。でも、iPhoneであってもauとソフトバンクのものはそのままでは使えません。そんな時は、SIMフリー版のiPhoneを調達するか、ロックを解除する、下駄などと呼ばれるアダプターを使うことになります。現在、格安SIM・格安スマホを提供する多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)は、NTTdocomoの回線ネットワークを借りています。
そのため、仕様としての通信速度は「最大150Mbps」など、どの会社でも大きな差異はない状況です。とはいえ、速度を実際に計ってみるとMVNOによって大きく異なるんです。たとえば、昼休みの時間帯に通信速度を測ると、ダウンロードの速度差として、1Mbpsから19Mbps前後までばらつきがあることも。いろんな会社も同一のドコモ回線を使っているのにどうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。どうしてかというと通信速度は、「回線帯域の太さ」と設備の品質に影響を受けたりするためです。「帯域の太さ」と「設備」とはMVNOによって異なっています。

スマホやネットワーク接続できるタブレットには「SIMロック」が施されているものと、ロックがかかっていないSIMフリーのものがある。

ドコモ、au、ソフトバンクなどの会社が売っている端末は、他の会社のSIMは使えないSIMロックが施されています。けれども、SIMロックがかかっていても、ドコモのスマートフォンやタブレットであれば、ドコモから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)のSIMを利用することができます。

神の格安sim au iphone5s デメリット

sim02

mineoで使えるスマホ機種の調べ方と注意点
格安SIMのmineoが使いたい!auのスマホしかないからmineoを選ぼうと思っている。そんな人がmineoのホームページを …. 実際にauのiPhone5やauのiPhone5s、iPhone5cをios9ではmineoは利用不可としていますが、マイネ王では使えた!とかこうすれば使える等の情報が (続きを読む)

アップル、インドで中古iPhoneの販売を計画か―シェア拡大が狙い
iPhone6以降が中古iPhoneとして格安販売に? ニュースサイトApple Insiderが報じたところによると、インド市場の趨勢を受け、アップルは環境省に中古iPhoneの販売を許可してもらうよう申請を出したとのことです。現時点ではどのiPhoneが中古として販売されるのかは分かっ (続きを読む)

速報!格安sim 比較 ドコモメール

sim02

Wonderlink LTE FとDTI SIMが好調を維持――「格安SIM」16サービスの実効速度を比較(ドコモ回線2月編)
MVNOが提供している「格安SIM」を選ぶうえで、料金はもちろんだが、「通信速度」も重要な決め手になる。料金は各社のWebサイトやカタログに表示されていて比較しやすいが、通信速度は各社一律「下り最大150Mbps」「下り最大225Mbps」などと表記されており、実際のところ (続きを読む)

3大キャリアよりお得! この格安SIMがスゴい!
データ通信と通話を含めても大手キャリアの半額以下で使える価格設定が最大の魅力だが、いまなら春のキャンペーンでさらにお得に格安SIMを利用することができる。そこで、主な格安SIM事業者が実施しているキャンペーンを比較し、本当にお得なSIMを検証していくことにしよう (続きを読む)

iPhone 6s似の高コスパSIMフリースマホが1万9800円に大幅値下げ。アルミボディに5型HD液晶「ZTE Blade V6」
ZTEは、去年11月に発売したSIMフリースマートフォン Blade V6を値下げします。3月18日より従来の2万6800円から1万9800円へと7000円の大幅値下げ。本端末は、低価格ながら … 国内SIMフリースマホでも最上級。格安スマホの入門機としても手頃な価格となっています。(続きを読む)

格安SIMの解約・乗り換えには要注意 手数料が1万円以上かかる場合も
格安SIMでは、2年縛りのように長期間継続する契約はないので、比較的解約しやすい。ただし、契約から一定期間(おおむね6カ月〜12カ月、最低利用期間)内に解約した場合、早期解約に伴う手数料が生じる場合がある。通信会社によって異なるが、6000円〜1万2000円程度 (続きを読む)

おもしろい格安sim 通信速度 au

sim02

Wonderlink LTE FとDTI SIMが好調を維持――「格安SIM」16サービスの実効速度を比較(ドコモ回線2月編)
MVNOが提供している「格安SIM」を選ぶうえで、料金はもちろんだが、「通信速度」も重要な決め手になる。料金は各社のWebサイトやカタログに表示されていて比較しやすいが、通信速度は各社一律「下り最大150Mbps」「下り最大225Mbps」などと表記されており、実際のところ (続きを読む)

格安SIMサービスを使いたい人からITライターに10の質問!
前提として、“ドコモ契約回線”と“ドコモの電波を使っている格安SIM”は、そもそもインターネットへの経路が異なるので、速度が同じになることはない。概ねドコモ契約回線のほうが速いだろう。筆者の経験では、混雑時の速度低下は、場所よりもその格安SIMのブランド全体に左右 (続きを読む)

ヨドバシ、使い放題の格安SIM
ヨドバシカメラとワイヤレスゲート 高速通信「LTE」によるデータ通信が定額で使い放題となる格安のSIMカードを16日発売した。月額料金は … 一般的なスマートフォンは月間のデータ通信量が上限を超えると、通信速度が低下するため追加料金を支払う必要がある。消費者に (続きを読む)

「通信料無料キャンペーン」や「販路別特典」が流行? スーパーがMVNOに参入――2016年2月データ通信編
格安SIMの競争軸がサービスになってきた昨今。2月も、料金ではなくサービス拡充を中心とした動きが多かった。その中でも特に … 2015年12月と2016年1月のMVNO(仮想移動体通信事業者)のデータ通信用SIMは、個人向けにデバイス特化型のサービスが、余ったデータ通信容量をユーザー間でシェアできるサー(続きを読む)